建物の総合的な環境性能を評価するCASBEEは、その適用範囲を広めつつあって巨大なシステム体系になっている。
公的サイトの説明もまた長いものになっているので、ごく簡単にまとめてみよう。

CASBEEは、2001年4月に国土交通省住宅局の支援のもと産官学共同プロジェクトとして、建築物の総合的環境評価研究委員会を設立し、以降継続的に開発とメンテナンスを行っている。
開発の3つの理念
(1)建築物のライフサイクルを通じた評価ができること
(2)「建築物の環境品質(Q)」と「建築物の環境負荷(L)」の両側面から評価すること
(3)「環境効率」の考え方を用いて新たに開発された評価指標「BEE(建築物の環境性能効率、Built Environment Efficiency)」で評価すること
評価結果
Sランク(素晴らしい)
Aランク(大変良い)
B+ランク(良い)
B-ランク(やや劣る)
Cランク(劣る)
対象のスケール
建築系(住宅建築、一般建築)
都市・まちづくり系(まちづくり、都市)
 
4つの評価ツール
CASBEE-企画(現在開発中)
CASBEE-新築
CASBEE-既存
CASBEE-改修
 
個別目的への活用
(1)短期使用建築物への適用
仮設建築物のように短期間使用建物向け。「CASBEE-新築」の拡張版。
(2)簡易評価
「CASBEE-新築」の評価実施には、採点に必要な根拠資料作成時間を含めて、3~7日間程度を要する野に対して、CASBEE-新築(簡易版)では、2時間程度(省エネルギー計画書の作成時間を除く)で予備的な簡易評価が可能。
(3)地域特性への配慮
「CASBEE-新築(簡易版)」は、地方自治体での建築行政にも利用できる。
(4)ヒートアイランド影響への詳細評価
(5)地区スケールへの拡張
(6)戸建住宅
以上が簡単にまとめたCASBEEの概要です。
ちなみにCASBEEは、イギリスなどのシステムを追随する形で開発されていますが、外国では次のようなシステムがあります。(WIKIPEDIAより)