設計の分野では、BIM化への流れが加速しているようです。
BIM(Building Infomation Modeling)は、建物を構成するすべてのマテリアルを3次元でモデル化しながら、さまざまな属性をあたえて生成される巨大なデータベースを、様々な局面で活用しようとする技術です。
リンテックでも数年前からいろいろ試行を繰り返していていて、基本設計や、プレゼンテーションには効果を発揮してきましたが、これはBIMソフトの持っているモデル作成技術の活用にとどまります。
BIMの本領は、巨大なデータベースを設計、施工、管理まで一貫して活用する効率化の可能性であり、もう一つはコンピューター上に作り上げだバーチャルなモデル化による設計の効率化であるといえます。

こうした技術が本当に能力を発揮するためには、データを活用する社会的な環境がととのう必要があります。
ですから設計事務所にとって、当面の関心は基本設計から実施設計まですべての工程をBIM化できるかということにあります。
BIMによる設計を進めるためには、数量の抽出の精度の一貫性の確保や、設計図書にわかりやすく表現できるかといった問題を解決しなければなりません。
特に、紙の設計図書には慣習的な表現手法があって、そうした表現をさせながら、データと表現との完全な同期 ーモデルを変えれば表現も変わるー を実現するのは容易ではありません。
しかしそれを実現しなければ本当の意味のBIM化にはなりませんから、思いがけない発想の転換が迫られるわけです。
たとえば、ビニールクロスや、塗装といった仕上げは2次元CADでは厚さを無視して作図するといいうのが常識になっています。しかしこうした作図上の便宜は、BIMにはなじまないのです。
BIM化というのはこうした課題をひとつひとつのりこえてゆく作業でもあるようです。