屋久杉の長皿

台風などで倒れた屋久杉は、倒木のまましばらく放置され、そのうちの限られたものが市場に出回る。
この材は、そうしたもののひとつだと思われる。
倒木屋久杉は虫食いや割れ、シミそして油分が抜けていくという、風化の過程がある程度進んでいる。
それでもなお、じっくりと生成された緻密な年輪には人を引き付けるものがある。

慎重に木取し、割れを手当てしながら削り上げて、ポリウレタンを浸透させると生気がよみがえる。
いいなと思うのだが。
でも美しすぎて、器にはどうか、というのが連れ合いの評である。