古木の角皿(36㎝角)を削りなおした。
全体に薄く、エッヂを細く仕上げなおした。

薄くしたうえで、浸透性ウレタンで仕上げる。艶消し材の入ったウレタンをごく薄く数回に分けて塗り上げる。
ウレタンならではの光沢がこの古木にはあっているように思われた。