会社略歴と抱負

会社の略歴と抱負

1985-1992

リンテック株式会社は、1985年の設立以来1992年ころまでは、公的なセクターが建設する大型のコーポラティブハウジング住宅団地の計画にかかわり、居住者参加型設計手法の開発や、設計の仕事をおもなテーマとして活動してきました。
コーポラティブハウジングは、居住者が地域コミュニティの創造に関与できるところに大きな特徴があり、建物と同時に、地域の協同性をつくりだしていこうという指向性を持っています。
nona_03s   ノナ柚木坂基本設計・標準設計 etc ヴェルデ秋葉台住戸設計システム

1992-

一方、ふところの深い地域の力をより多く必要としているのは、子供やお年寄り、そして障害をもった方々といえるでしょう。
リンテックでは1992年、障害者の社会復帰施設の仕事にかかわって以来、福祉関係の設計を多く手がけています。 福祉をめぐっては、その視点が施設からコミュニティへと移りつつあります。
3.11の東日本大震災は、悲惨な災害ではありましたが、そのさなかに人々が見せた地域社会の底力にはあたたかさと希望を感を見出すことができました。しかし同時に、これが都市部であったらと想像せざるを得ません。 私たちは、これからの地域コミュニティに寄与するもの造りをめざして、多くの方とともに歩んでいきたいと考えています。
kitsure_s  はじめて手掛けた福祉施設

PAGETOP
Copyright © リンテック株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.